二つを徹底比較してみた!

交通費精算特化型

数あるシステムの中でも、交通費の精算に特化したシステムといえます。交通系のICカードと連携しており、従業員の交通費状況をすべて把握可能です。さらに、クラウド共有もできるので大変便利でしょう。

交通費&経費精算型

交通費の計算だけでなく、経費精算ができる点が最大の魅力です。複合タイプなので、経理スタッフの業務を少なくするのに長けています。近年のは、スマホでの申請や承認も手軽に行えます。

比較してみよう

交通費精算システムや労務管理システムは、大きな会社ほど必要になります。ただ、システム自体種類が多いので比較をしながらシステム選びをしましょう。ネットなら簡単に比較可能です。

便利な機能は使っていこう!

チャット

チャット機能について

業務で使うことが多いチャットは、業務報告をする際に大変役立つと喜ばれています。またチャットシステムには、今スグ使える便利な機能が備え付けられているので、シーンに応じて活用可能です。システムの活用事例を知り、業務に役立てていきましょう。

もっと知ろう

交通費精算システムの特徴を知って業務に活かそう

婦人

システムの導入費用

比較サイトで紹介されている交通費精算特化型システムは、月額およそ500円以内で利用可能です。初期費用がかからないシステムもあり、導入コストを抑えたい場合に適しているでしょう。実際に使ってシステムの比較を行なうなら、無料トライアル期間を上手に活用してくださいね。労務管理システムの場合も同様に、無料トライアル実施中です。

パソコンを操作する人

導入する魅力

交通費精算システムもそうですが、やはり給与計算や労務管理も非常に大変な業務です。そのため、交通費精算システムと同じく、労務管理システムの導入を積極的に行なう企業が増えています。メリットはミスなく給与計算ができること、労務管理を楽に行なえることです。

ワークフローシステムを利用しよう

使いやすさが決め手

システムといっても、従業員が手軽に使えるものじゃなければ仕事の効率を悪くするだけです。無料トライアルを利用するなら、実際に業務で使う人を対象に行なうべきでしょう。また、実際に使った人たちの意見を取り入れることで、よりいいシステムを導入できます。

[PR]
CTIシステムを使ってみよう
電話業務の手間を軽減☆

[PR]
交通費精算システムを大公開☆
機能性を比較してみよう